【ナ・リーグ優勝決定S】マエケン第5戦先発!リーグVへ真っ赤に燃える

2016年10月20日 11時30分

第5戦に先発する前田(ロイター=USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州ロサンゼルス19日(日本時間20日)】ドジャースのロバーツ監督はカブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第4戦前の記者会見で20日(同21日)に行われる第5戦に前田健太投手(28)が先発すると発表した。勝敗次第ではエース左腕カーショーが先発する可能性もあった。指揮官は「私は健太が明日、我々に試合に勝つチャンスをくれると絶対的な自信があるよ」と好投を確信している。

 会見した前田は、「まだ僕はいいピッチングができていないので、なんとかチームの力になれれば、もっともっといい充実感が得られるのではないかと思います」。ここまでポストシーズン2試合に登板し0勝1敗、防御率9・00。いずれも5回持たずに降板している。チームが第4戦に勝ち3勝となれば、第5戦はリーグVがかかるマウンドになる。

 前田は決意をこう明かす。「チームの力になりたいという気持ちは人一倍強いですし、勝ちたいっていう思いは誰よりも強く持っているつもり。そういう意味でチームにも大事ですけど、僕にとって大事な試合になると思います。明日は勝つことだけを考えて、とにかく一生懸命投げたいなと思います」

 米メディアから古巣広島が日本シリーズに進出したことを聞かれると「カープとドジャースが1番になることが、僕にとっても日本のファンにとってもうれしいことだと思う。僕が抜けた後に優勝してしまったので、僕も負けないようにこっちで1番になれるように頑張っていきたい」と答え、会場の笑いを誘った。

 敵地からロサンゼルスに戻ると髪を切り、心機一転した前田。練習中はいつもと変わらず笑みを浮かべていたが、心の中はクールなドジャーブルーではなく、広島カラーの真っ赤に燃えている。

 ア・リーグを制したインディアンスが待つワールドシリーズに進むため絶対に負けるわけにはいかない。