ドジャース・前田 日本時間16日雪辱の先発「準備してた」

2016年10月15日 16時30分

【イリノイ州シカゴ14日(日本時間15日)発】ドジャースの前田健太投手(28)が15日(日本時間16日)に行われるカブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発登板することが決まった。ド軍のデーブ・ロバーツ監督がこの日、当地での練習前会見で発表した。

 

 これを受けて前田も監督の後に会見。「(前日の地区シリーズ第5戦に)勝てば明日投げることはずっと分かっていたので、とにかくチームが勝つことを信じて準備をしてました。チームが勝てるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 

 ナショナルズとの地区シリーズ第3戦では3回4失点でKOされ、負け投手となった。それ以来、中4日での登板となる。「前回は自分の投球ができなくて公式戦とは違う雰囲気をすごく感じたので、2回目は前回よりはある程度イメージしてマウンドに上がれると思います」と雪辱を誓った。

 

 前田とカブスは初顔合わせ。公式戦ではメジャー3位の得点力を誇った打線に挑む。「いい打者が揃ってますし、公式戦は圧倒的な力で勝ち上がってきてますし、前回のシリーズも勢いのある打線だったと思うので、その勢いに乗らせないように気をつけたいと思います」と警戒。「初対戦が有利かどうかはここまで来たら、もう関係ないと思います」と自分の投球をすることだけを念頭に置いた。