【高校野球】早実・清宮2ラン本塁打 73号はバックスクリーンへ

2016年10月15日 11時43分

4回、2死1塁、2ランHRを打った清宮

 高校野球秋季東京大会は15日、市営立川球場で2回戦の早実―日大一戦が行われた。早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(2年)はこの日「3番・一塁」で先発出場。

 

 4回に高校通算73号となる2ラン本塁打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 

 第1打席、第2打席とともにサードへのファウルフライに倒れた清宮に、待望の一発が出た。

 

 1番福本翔(2年)がスクイズで1点を追加した直後の4回、二死一塁の場面で初球をバックスクリーンへ運んだ。

 

 怪物の活躍もあり試合は6回、5―1と早実が大きくリードしている。