“消息不明”の西武・横田前二軍監督 ファームディレクター就任へ

2016年10月13日 14時51分

横田久則前二軍監督

 西武の来季組閣からこつぜんと消え消息がつかめなかった横田久則前二軍監督(49)がファームディレクターに就任する方向で調整が進められていることが分かった。

 

 昨オフ、一軍投手コーチから転身し今季から二軍監督に就任していた横田氏はこの秋もフェニックス・リーグを指揮するためチームとともに宮崎・南郷に滞在していた。

 

 しかし、辻新政権の組閣が発表された11日の試合後、現場を離れ突然の帰京。来季の組閣メンバーに名前はなく二軍監督のポジションには潮崎哲也前一軍ヘッド兼投手コーチ(47)がスライド復帰していたため二軍の現場では「横田さん、どうなっちゃったんでしょう?」という不安が広がっていた。