伊原春樹氏「由伸巨人は自信満々のラミレス采配を見習え」

2016年10月11日 16時30分

9回にけん制死を食らった鈴木

【伊原春樹「新・鬼の手帳】巨人は10日、DeNAに敗れクライマックスシリーズ・ファーストステージで敗退した。これだけミスが出たら厳しいよね。短期決戦はひとつのミスが命取り。それとバントが重要になってくるんだけど、とにかくバントが決まらない。これはシーズン中にやらせていなかったツケだと思う。

 9回無死一塁の場面で代走に出た鈴木のけん制死もそう。こういう大一番で決めてこその「切り札」なのに、今季はシーズン中に走らせることが少なかった。それなのに大一番でいきなり「行け!」ではさすがの鈴木といえどもカンは鈍っている。「1番・坂本」の打順にしてもそう。シーズン中にやらなかったことばかりをやって、敗れたという印象だ。

 クルーズを抹消したことも、いまさら「態度が悪い」ではなく、シーズン中に首脳陣がクリアしておかなければいけない問題だ。この3試合で巨人の二塁手は何本ヒットを打った? ゼロだろ。しかも「さあ、プレーオフ」でエースが体調不良でベンチにも入れない。菅野には当然、ペナルティーがあるだろうが、これで勝てというのも無理な話ですよ。

 由伸監督にはいい勉強になったのではないか。選手を信頼するのもいいが、すべては「ここ一番の大事な試合で何ができるのか」につながってくる。今回の経験で普段からやるべきことは何なのか、分かったのではないかと思う。選手を信頼するのが由伸監督のスタイルといっても、今年負けたわけだから、そこは変えていかないといけない。

 一方、DeNAはよく頑張りましたよ。ただ、これでファイナルもいけるかどうかといえば…。戦力的には一杯一杯でしょうね。今回のCSでは、由伸監督以上にラミレス監督の頑張りが目立った印象で、ベンチの前面に出て自信満々に采配を振る姿を、由伸監督も見習ったほうがいいと思う。

(本紙専属評論家)