金本監督「超変革」路線継続 オーナー報告で補強要請

2016年10月05日 19時23分

オーナーにシーズン終了報告を行った金本監督

 今季4位で終えた阪神・金本知憲監督(48)が5日、大阪市内の阪神電鉄本社を訪れ、坂井信也オーナー(68)にシーズン終了報告を行った。

「超変革」のもと“育てながら勝つ”方針で挑んだ指揮官は「難しさはいろんな場面であった。投手交代にしろ、野手のスタメン、とにかく一年終わってみて反省の方が多いシーズンでした」と振り返った。主力の高齢化や十分な戦力が整わなかったとあって、坂井オーナーからは「この戦力状況の中、苦労をかけた」などねぎらいの言葉を掛けられたという。

 報告では、生え抜き選手を中心に25年ぶりの優勝を決めた広島の話題になり「目指すのはそこ(カープ式のチーム強化)。いい素材を獲って、生え抜きを鍛える。オーナーからも、方針を変えたりブレたりせずにやってくれと言われた」(金本監督)。「超変革」路線の継続徹底を求められたことを明かした。

 その一方で戦力補強も怠ることはない。オリックス・糸井ら大物選手が多い今年のFA補強について、坂井オーナーは「若手の底上げとかだけではなかなか戦えない事実もあるんで、しっかりと冷静に判断して対応していきたい」と前向きで、四藤社長も「後方支援? もちろん。確約というか、支援は当然。必要なら考えている」と全面バックアップを約束した。

 金本監督も「去年は『補強は要りません』だったが、今年で若い選手がどのくらいやれるか、時間がかかるかが分かった。(足りないのは)攻撃力。後ろの投手とか補ってもらうようにお願いしている」と語った。