【広島V】角川博「黄金時代の始まりを感じさせる」

2016年09月10日 21時45分

角川博

 広島出身で、幼いころの「たる募金」の時代から広島カープファンという歌手・角川博(62)が祝福と喜びのコメントを寄せた。

「広島東洋カープ選手の皆様、球団の皆様、リーグ優勝誠におめでとうございます!! 投手力、守備力、走塁力、打力、その全てにおいて他のセ・リーグチームを圧倒した若い力! その若い選手の道標となった2人の投打のベテラン。そして何より選手に勇気を与え続けた日本一のファン! ただの優勝ではなく、これからのカープの黄金時代の始まりを感じさせる優勝ですね! 日本一を目指し走り続ける皆様を、最後まで応援します!」

※「たる募金」とは…1950年に広島球団は創設されたが、翌51年には資金難に見舞われ、球団の存続も危ぶまれる。そこで市民が立ち上がり、「たる募金」が始まった。これだけで球団が救われたわけではないが、数百万円が集まったといい、60年代まで続けられたという。