【U―18アジア選手権】日本が香港に7回コールド勝ち 寺島―島ノーヒットリレー

2016年08月30日 15時57分

「第11回 BFA U―18 アジア選手権」は30日、台湾・台中インターコンチネンタル球場で予選ラウンドの香港戦が行われ、日本は19―0で7回コールド勝ち。ノーヒットノーラン、17安打の完勝で開幕戦を飾った。

 

「高校BIG3」の一角、先発の寺島(履正社=3年)は5回を投げ12奪三振と圧巻の投球。序盤こそ国際試合特有のストライクゾーンに苦戦したが、許した走者は2回に四球で出した1人のみ。6回からマウンドに上がった島(東海大市原望洋=3年)も2回を5奪三振と香港打線を力でねじ伏せた。

 

 打っては1番・納(智弁学園=3年)が4打数4安打とリードオフマンとしての役割を果たし、3回には鈴木(静岡=3年)の2ランなど打者一巡、6安打7得点の猛攻で香港を突き放した。

 

 寺島は「攻めた結果が今日の結果。(初戦なので)チームの勢いをつけようと、それだけを考えた。点差で言うと90点」と納得の表情。3回の猛攻を締めくくる本塁打を放った鈴木は「自分のスイングをやれば結果はついてくる。甲子園行ってないメンバーの代表として責任感がある。チームの主軸として頑張りたい」と語った。