阪神・藤浪 4年連続2桁勝利へ間隔詰めて登板も

2016年08月29日 22時46分

次回登板に向けて調整した藤浪

 阪神・香田投手コーチが29日、残り21試合で、4年連続2桁勝利がかかる藤浪の積極投入を予告した。

 同コーチは「(2桁勝利は)励みにしてもらいたい。間隔を詰めてというのはもちろん可能性としてある」と、ここまで6勝の右腕にできるだけ多くの登板機会を与える方針を明かした。

 この日、投手指名練習に参加した藤浪は「2桁勝つには全戦全勝するしかない。でも、そこは運。しっかり自分の投球がしたい」と、まずは30日の中日戦(ナゴヤドーム)で7勝目を目指す。