阪神・高山がプロ初満塁弾 6打点でチーム4連勝に貢献

2016年08月25日 22時38分

 黄金ルーキーの勢いが止まらない! 阪神の高山俊外野手(23)が25日のDeNA戦(横浜)で、プロ初の満塁弾を放った。

 高山は4回二死満塁の好機に、初球を右中間席中段に叩き込む会心の5号満塁本塁打。「打ったのはチェンジアップ。前の打席(2回二死満塁)ではチャンスで回ってきたのにランナーを返せなかったので、何とかしたいと思って打ちにいった」と雪辱の一打を振り返った。

 さらに6回にも無死満塁のチャンスで、右翼線を破る2点二塁打。前日は球団新人最多を更新するシーズン12度目の猛打賞を記録するなど連日の大暴れだ。

 今カードは初戦、第2戦ともに3安打の固め打ちを決め、この日は6打点。敵地を「高山劇場」に変貌させたドラフト1位ルーキーが、チームを4連勝に導いた。

 これで阪神は、クライマックスシリーズ進出を争う3位DeNAに0・5ゲーム差と肉薄。好調の新人が打線をけん引し、必勝カード3タテに成功した。

関連タグ: