阪神・北條 延長10回殊勲の2点適時打で連敗止めた

2016年08月21日 20時11分

ファンの声援に帽子を取って応える北條

 阪神・北條史也内野手2)がチームの連敗を止める殊勲の一打を放った。1―1の同点で迎えた延長10回、二死一、二塁のチャンスで右中間を破る2点適時打。鳥谷に代わり7試合連続で遊撃のスタメンを任されている背番号2は「2アウトだったのでここで決めると思って打席に入った。逆方向を意識していいバットの軌道で打てた」とニッコリ。愛弟子の活躍に金本知憲監督(48)も「ああいうところで打ってこそバッターの価値だからね」と合格点を与えていた。