ロッテ・ドラ1ルーキー平沢がプロ初打点

2016年08月20日 21時25分

 ロッテのドラフト1位ルーキー・平沢大河内野手(18)が20日、西武戦(西武プリンス)でプロ初打点をマークした。

 8番・遊撃でスタメン出場したルーキーは6回一死一、二塁で西武・ポーリーノの149キロの直球をとらえ、右翼線への適時二塁打とした。

 16試合目での初打点に平沢は「昨日(19日の西武戦)チャンスで打てていなかったので、この打席は何とかしたいと思っていました。プロ初打点は素直にうれしいです」と笑みを見せた。これで17日の楽天戦(コボスタ)のプロ初安打から4試合連続安打だ。

関連タグ: