【高校野球】花咲徳栄が敗退 プロ注目の高橋昂「流れを持ってこれなかった」

2016年08月17日 15時30分

笑顔で作新学院ナインと健闘をたたえ合った花咲徳栄・高橋昂(中)

 第11日(17日)の第2試合でプロ注目左腕・高橋昂(3年)を擁する花咲徳栄(埼玉)が作新学院(栃木)の集中打の前に散った。

 

 先発の綱脇(2年)が2回に入江(3年)に2ランを浴びるなど5失点。高橋昂は3番手として4回から登板して5イニングを1失点に抑えたが、打線が相手先発の今井(3年)を攻略できなかった。高橋昂は「自分が流れを持ってこれなかった。3試合では今日が一番よかったですが…」と悔しさをにじませ、今後の進路については「まだ全然考えてない」と話した。