中日ドラ1・小笠原 6度目の先発は4回途中5失点KO

2016年08月14日 21時26分

4回途中で降板した小笠原

 中日のドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介投手(18)が14日、阪神戦(京セラドーム)でプロ6度目の先発マウンドに上がったが、またも初勝利はお預けとなった。

 初回に江越に左翼スタンドへ7号2ランを浴びて先制点を献上。4回には一死満塁から投手の岩崎に押し出し四球を与えると、大和の適時二塁打などで失点を重ねた。

 結局、4回途中を5安打5失点KOされて「防げるところもあったので、そこはしっかり防ぎたかったです」と悔しがった。

関連タグ: