阪神 鳥谷ベンチの意外な効果

2016年08月13日 16時30分

この日は凡退した鳥谷だが…

 4位の阪神は12日の中日戦(京セラドーム)を4―2で制し、借金は1つ減り「10」となった。主将・鳥谷を9試合ぶりにスタメンから外して臨んだ打線は、江越の一発や北條の適時三塁打などが飛び出した。

 

 金本監督は「体調面もあるし、左ピッチャーとの相性を一番に考えて」と鳥谷を外した理由を説明。さらに鳥谷がスタメン外のときの勝敗が8勝1敗という状況について「チームにトリが抜けたから余計に負けられないという思いがあるのかもしれない」と話した。

 

 一方、チーム内では鳥谷不在のときの好成績の要因は「代打・鳥谷だ」という声が上がる。代打成績は6打数4安打と抜群で「スタメンのときはあれこれ考え過ぎるところがあるが、1打席勝負となれば割り切っていくしかない。それが今の鳥谷にはいい方向に働いている」(チーム関係者)と一発勝負の代打業がマッチしているという。

 

 相手チームに与える影響も大きいと見ており「代打としてベンチに残っていることで継投策も変わってくる。今までは左の代打がいなくてそこを突かれることもあったが、鳥谷がいることで相手は考えてきている。スタメンで出たい本人にとっては皮肉かもしれないが、影響は大きい」(前出の関係者)

 

 今後の起用法について指揮官は「またコーチと相談して決める」と話したが、鳥谷スタメン外の効果はまだまだ続くかもしれない。