広島戦5カード連続負け越し…川藤OB会長が嘆く阪神の現状

2016年08月12日 16時30分

7回、一気に4失点しがっくりの藤浪(右)

 どこまでコイに丸のみされれば気が済むのか。4位の阪神が11日の首位・広島戦(マツダ)に3―5で敗れた。これで今季の広島戦は5カード連続負け越しだ。2点リードの7回に先発・藤浪が連打で無死一、二塁とされると会沢のバント処理の際、一塁に大暴投して1点を献上。さらに一死二、三塁から今度はゴメスが足を滑らせ、本塁に悪送球して逆転を許すなど、この回一気に4点を奪われての負けだ。

「コメントのしようがない。藤浪はもともと投内連係が苦手ではないんだから普段から実戦を想定して練習をしないと…。(ゴメスは)滑ったように見えたが、それもミス。相手を勝たせたようなもの」と金本監督。高代ヘッドコーチも「言いようがない。アホらしい」と怒り心頭。今季8敗目を喫した藤浪は「自分のつまらないミスで負けてしまって申し訳ない」と肩を落とした。

 これで広島戦は6勝15敗となり、観戦した“浪速の春団治”こと川藤幸三OB会長も険しい表情。「これが優勝を狙うチームとそうでないチームの力の差。それが如実に出ている。もっとチームとして力をつけないといけない!」と痛烈批判した上で「苦手意識が心配? 何やそれ! そんなものはない! それは力が五分と五分の者同士の戦いのなかで生まれるもの。今年の阪神と広島はそんなものではない。力の差がそのまま結果に表れているだけや」と相性以前の問題だとバッサリ切り捨てた。

 虎の大御所からも怒りを買った金本阪神。今季の広島戦は残り4試合。意地を見せなければならない。