連勝ストップ…“下”が気になる由伸巨人

2016年08月12日 16時30分

ベンチで渋い表情の由伸監督(中)

 猛追も及ばなかった。巨人は11日のDeNA戦(東京ドーム)に4―5で敗れ、連勝が2でストップ。同一カード3連勝を逃した。

 

 5点を追う7回二死から村田の14号ソロなど1四球を挟んでの5連続長打で一気に4点を返したが、反撃もここまで。試合後の由伸監督は「何とか追い上げたが、前半で攻撃できなかったことと1点でも少なく抑えなければいけないというところが、最終的に結果になったと思う」と投打の両面で反省の弁。一方で8安打5失点で5回途中KOとなった先発の今村については「いいとは言えないんじゃないですか。5回までに5点取られて」と、ややぶぜんとした表情を見せた。

 

 これで3位・DeNAとのゲーム差は4・5。首位の広島ばかりを気にしていられなくなってきた。「たとえ優勝を逃したとしても2位の座だけは何としてでも確保してほしい」というのが球団側の総意。球団サイドからは「ビジネス的な面で見ても、2位は死守しなければいけない」と、残り40試合となったことで“下”を気にする声も出てきている。

 

 最後の最後でDeNAに足をすくわれる――。巨人としてはそんな最悪のシナリオだけは避けたいところだが、イケイケの追撃ムードばかりでなく、弱気な面も出てきてしまったのは気がかりだ。