【高校野球】八戸学院光星 延長戦制し2回戦へ

2016年08月09日 12時58分

10回、勝ち越しの内野安打を放つ田城

【大会第3日(9日)1回戦=八戸学院光星(青森)5―4市尼崎(兵庫)】第1試合は八戸学院光星が市尼崎を延長10回、5―4で下した。

 

 八戸学院光星は6回に7本の集中打を浴びせて逆転。9回に2点のリードを追いつかれたが、10回、二死満塁から田城の内野安打で決勝点を挙げた。

 

 接戦を制した仲井監督は「9回は向こうの気迫が上回ったが、よく粘った。トーナメントなんでどんな勝ち方であってもナイスゲームですよ」と汗を拭いた。