【高校野球】明徳義塾・馬淵監督が樟南―京都翔英戦に注目「好勝負になりそう」

2016年08月04日 20時22分

 7年連続出場の明徳義塾(高知)は、13日(第7日)第2試合で境(鳥取)と対決する。

 

 名将・馬淵監督は今大会の組み合わせを見て「強豪がうまく分かれたと思う」とコメント。「好勝負になりそうなのは(第4日第2試合の)樟南と京都翔英。樟南の投手が良いと聞きます」と語り、エース浜屋に注目した。

 

 自軍の仕上がりについては「悪くない。投手も良い状態。とにかく一つでも勝ちたい」と意気込み、初対決の境戦に向けてまずはデータ集めに動く。