中日・若松 5回5失点KO「次はしっかりやっていきたい」

2016年07月26日 20時49分

 中日・若松駿太投手(21)が26日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に先発し、5回7安打5失点で降板した。

 初回に先頭から3連続長短打を浴びて2点を献上。その後、味方打線に追いついてもらいながら、3回は2四球や2二塁打、自身の暴投などが絡み3点を失った。「立ち上がりと、あのビッグイニングを作った回ですね…。立ち上がりを大事にすることと、走者を出してからの粘りを、次はしっかりやっていきたいです」と猛省した。