育成出身の阪神・島本が球団初の1球初勝利

2016年07月25日 07時57分

1球でプロ初勝利を挙げた島本

 阪神・島本浩也投手(23)が24日の広島戦(マツダ)に2番手でマウンドに上がり、1球でプロ初勝利を手にした。1球勝利は史上40人目、初勝利を1球で記録するのは7人目。球団では初となった。

 4—5の5回二死一、二塁で救援した島本は「ピンチだったけど、自分にとってはチャンスだと思った。ここを抑えればアピールになると思って全力でいった」と、アドレナリン全開で丸を一ゴロに封じた。直後の6回に、味方打線が3点を奪って逆転。思わぬ形で育成出身左腕に白星がついた。

関連タグ: