【全国高校野球大阪大会】大阪桐蔭まさかの敗退…スーパー1年生がリベンジ宣言

2016年07月22日 16時30分

試合後、リベンジを誓った根尾(左)と藤原の1年生コンビ

 第98回全国高校野球選手権大阪大会の3回戦が21日、舞洲球場などで行われ、春夏連続出場を目指した大阪桐蔭が関大北陽に1―2で敗れた。3回に中山(3年)のソロ本塁打で先制。プロ注目のエース左腕の高山(3年)は4回に3本の集中打を浴びて逆転を許しながらも西谷監督に「最後までいかせてください」と直訴して8回を7安打2失点、11奪三振の粘投。しかし、打線が相手エースの清水(3年)に4安打に封じられた。

 

「ピンチの中でもしっかり抑えていこうと思ったが…。勝負球の直球を打たれた。悔しいけど、甘さがあった」(高山)。西谷監督も「高山は悪いなりにゲームを作った。投打をかみ合わせることが監督としてできなかった。悔しい思いをさせて申し訳ない。指導者の責任です」と唇をかんだ。

 

 まさかの敗退となったものの大阪桐蔭の未来は明るい材料が揃っている。早くもベンチ入りして注目を集める投手の根尾、外野手の藤原ら“スーパー1年生”が控えていることだ。スタメンで活躍した藤原は中学時代に枚方ボーイズで数々の賜杯を手にしている最強スラッガー。根尾は中学時代にMAX146キロをマークし、中日本選抜チームでボーイズ世界大会に優勝。一方でスキーの回転で全国優勝した経歴も持つ万能型の逸材だ。

 

 この日の試合後、藤原は「もっと3年生とやりたかった…」と言葉を詰まらせながらも「悔しいけど切り替えていく。自分が、という気持ちが強い」と前を向き、根尾も「これからもっと自分がやっていきたい」とリベンジを誓った。2人の他にも全国レベルの猛者が多数入部しており、大阪桐蔭の新時代が幕を開けそうだ。