西岡アキレス腱断裂…“夜の主将”離脱痛い阪神

2016年07月21日 16時30分

担架で運ばれる西岡

<巨人6-2阪神(20日)>この日、阪神・金本監督は前日19日の試合で3三振のゴメスを今季4度目となるスタメン外し。代役として捕手の原口を今季2度目の一塁で起用するなど現状打開に必死だったが、打線は5回まで毎回得点圏に走者を出しながら拙攻の連続。2点を奪うのがやっとで今季5度目となる同一カード3連敗。借金は今季ワーストの13に膨れ上がった。

 

 最終回の攻撃前、右翼スタンドの虎党がチームに“抗議”の意味を込めて「六甲おろし」を異例の大合唱。「試合捨ててんのか!」「ええかげんにせえよ!」など猛烈ヤジも飛んだ中での敗戦だ。今季の甲子園での巨人戦は白星なしの6連敗で1991年以来、25年ぶりの屈辱。金本監督は「何とも言いようがない。ファンを喜ばせてあげたいけど…」と顔面蒼白だった。

 

 さらに大打撃が西岡の戦線離脱だ。2回、左翼線へ適時打を放ち、一塁へ走った際に左足を痛め、担架で運ばれ、途中交代。尼崎市内の病院で「左アキレス腱断裂」と診断され、今季中の復帰が絶望となった。戦力的に痛いのは言うまでもないが、加えてチーム関係者は「(西岡は)遠征先で若手をご飯に連れていってよく相談に乗ってくれていた。若手選手は慣れない一軍生活で悩み事などもあるだろうが、西岡が話をしてくれることによって解決していた。その西岡がいなくなってしまうと若手が心配だよ」という。

 

 確かに西岡は新人・高山をはじめ原口、大阪桐蔭の後輩・藤浪らをよく夕食に誘っていた“夜の主将”的存在。「アドバイスどうこうというよりも僕が勝ちたいという話をしただけですよ」と西岡は謙遜していたが、その人望は厚く、若手からは慕われている。そんなグラウンド外での影響力を考えても、離脱はチームにとって痛すぎるわけだ。

 

 後半戦も絶不振の悩める主将・鳥谷にも悪影響が予想されている。「鳥谷は(不振で)自分のことで精一杯のはずなのに『西岡の分まで』と背負い込んでしまったら悪循環になりかねない」(チーム関係者)。鳥谷は「自分たちで何とかやるしかない」と話したが、どうなるか。この先、金本虎はどうなっていくのか。重苦しいムードばかりが増幅している。