ソフトB・森 気合の坊主頭を披露

2016年07月20日 07時47分

坊主頭でキャッチボールするソフトバンク・森

 ソフトバンク・森唯斗投手(24)が19日、“気合の坊主頭”を披露した。前日(18日)のオリックス戦終了後、工藤監督らも見ている中で、チーム関係者から借りたバリカンを手に取り「気合を入れるためです」とちゅうちょすることなく一気に自ら刈り上げたという。

 この日は2点リードされた8回一死二、三塁で登板。1点は奪われたが、2三振を奪う投球で最少失点に切り抜けた。トレードマークだったモヒカンはなくなったが、2戦連続の零敗と元気のないチームにあって、誰よりも輝いていた。