【早実・清宮】第4打席で右翼線へ適時二塁打 リード広げる

2016年07月16日 12時01分

6回裏に右翼線への適時二塁打を放った清宮

「第98回全国高等学校野球選手権」西東京大会は16日、ダイワハウススタジアム八王子で4回戦、早実―明大明治戦が行われた。早実の怪物スラッガー清宮幸太郎内野手(2年)は「3番・一塁」で先発出場。

 

 初回の第1打席は無死一、二塁の場面で7球粘って四球。徹底的に外の直球を投げられたものの、最後はきわどいコースを冷静に見極めチャンスを広げた。

 

 1―2ビハインドの3回、先頭打者で迎えた第2打席は死球。ど真ん中の変化球を見逃したあとの第2球、直球が右太ももに当たったが、4番野村のセンター前で三塁まで進む好走を見せるなど大事はなかった。

 

 同点で迎えた4回裏の第3打席は、二死三塁の場面でセンターフライ。ここでも徹底的に外中心の配球で、バットの先で捉えた当たりは高く上がってセンターのグラブへ。好機で悔しい凡退に終わった。

 

 6回、4―2と逆転に成功した直後、一死三塁で迎えた第4打席は右翼線への適時二塁打。これまでとは違って内を攻めてきた相手バッテリー。清宮は、甘く入った内寄りの変化球をうまく体を回転させてライト線へ運び5点目をあげた。