巨人3位浮上も…気がかりな長野のコンディション

2016年07月09日 16時30分

足を気にしながら引き揚げる長野

 巨人が8日のDeNA戦(東京ドーム)に3―1で競り勝った。

 

 息詰まる接戦に終止符を打ったのは、途中出場の大田。1―1の7回二死二、三塁の場面で相手先発・井納から左中間へ値千金の決勝2点適時三塁打を放った。お立ち台では、打席に入る前に阿部から「打ってこい!」とゲキを飛ばされたことを明かし「必死に食らいつきました。本当にうれしかった」。試合後の由伸監督も「いいところで打ってくれた」とねぎらった。

 

 これでチームは順位を1つ上げて3位に浮上。ただ、首位を独走する広島を猛追する上で楽観ばかりはできない。気がかりなのは、開幕から全試合でスタメンを張ってきた長野のコンディションだ。この日も「4番・右翼」で先発出場したが、初回の第1打席でアクシデントが発生。左スネに自打球が直撃し、ポーカーフェースの長野も思わず顔をしかめ、3回の2打席目で代打に大田を送られた。

 

 この交代を由伸監督は「ちょっと痛みがということで」と説明し、当の本人は「レガーズがあったところ。明日は大丈夫だと思っています」と話したが、前日にも自打球を当てていただけに今後のプレーへの影響が心配される。

 

 ただでさえ、チーム内には故障者が相次ぎ、野手ではクルーズや立岡、片岡が戦列を離れている。この日、小林誠が左肩甲骨棘下窩骨折から16日ぶりに一軍復帰し、スタメンマスクをかぶったばかり。それだけに、首位打者争いを繰り広げる坂本を上回るチームトップの94安打を放ち、5月29日から4番を務める長野にブレーキがかかると手痛いどころではない。

 

 貧打に悩む由伸監督にとっては、今後も厳しいやりくりが続きそうだ。