【米球宴】オルティス10度目の選出、イチローら日本人選手選ばれず

2016年07月06日 11時20分

ファン投票で選ばれたオルティス(右、ロイター=USA TODAY Sports)

 米大リーグは5日(日本時間6日)、12日(同13日)にサンディエゴで行われるオールスター戦の出場メンバーを発表した。レッドソックスからは遊撃手・ボガーツ、外野手・ベッツ、外野手・ブラッドリー、DH・オルティスがファン投票で選ばれ、投手ではライト、守護神のキンブレルが選出された。

 今季限りで引退を発表しているオルティスは10度目の選出。「自分にとっての(現役)ラストイヤーだし、本当にスペシャルなこと。ファンにはボクを見て楽しんでもらいたいし、自分も楽しみたい」と話した。

 若手野手トリオはそろって初選出。ベッツは「オールスターチームに選ばれるというのは特別なこと。とにかく楽しみたい」と興奮。ボガーツは「とても興奮している。だけどボクはまだ若いし、毎日いろんなことを学んでいるところ。試合を楽しみ、もっと良くなるよう日々を過ごしている」と笑顔で答えた。ブラッドリーは「(エンゼルスの)トラウトなど、世界でも優れた選手がいるし、誇りに思う。素晴らしい経験になると思う」と言葉をはずませた。

 マーリンズのイチロー外野手(42)をはじめ、日本人選手はファン投票、監督推薦、選手間投票で選出されず、最後の一人を決めるファイナルボートの候補者にも入らなかった。