“キューバの至宝”リナレス氏が中日コーチ就任 早速ビシエドを指導

2016年07月05日 17時25分

中日・ビシエド(左)を指導するリナレス巡回打撃コーチ

 中日OBでかつて「キューバの至宝」と呼ばれたオマール・リナレス氏(48)が巡回コーチに就任した。今季終了までの契約で、一、二軍で主にラテン系外国人選手の打撃を指導するという。

 

 5日、広島戦が行われる富山入りすると、試合前に入団会見。「また日本でやりたいとずっと思っていた。このタイミングで中日に戻って来られて球団、首脳陣には感謝したい。とにかくチームの役に立てるようにしたい」と意欲的に話した。

 

 特に交流戦から不振に陥っている、同じキューバ出身のビシエドの打棒復活に期待がかけられている。試合前、リナレスコーチから早速ティー打撃でボールを上げてもらいながら、身ぶり手ぶりを交えた指導を受けたビシエドは「細かい自分の気づかないことをアドバイスしてもらえた。リナレスはキューバ選手にとっては偉大な選手、ナンバーワンだと思っている」と目を輝かせた。

 

 現役時代に同僚だった谷繁監督は「昔話をしました。ウチには外国人野手が3人(ビシエド、ナニータ、エルナンデス)いるので見てほしいし、同じスペイン語でコミュニケーションが取れるということが一番」。ラテン系外国人のメンタルアドバイザーとしても期待を寄せた。