セの貯金独り占め 広島に死角はあるのか 大下氏の“ジャッジ”は…

2016年06月20日 16時30分

「神ってる」鈴木にひれ伏するスラィリー

“混セ”は終わったのか――。セ・リーグ首位の広島は19日、鈴木誠也外野手(21)の連日の活躍でオリックス戦(マツダ)に5―4で逆転勝ち。6連勝で交流戦を締め、貯金を最多11に伸ばした。交流戦ではセで唯一勝ち越し、セ界の貯金を独り占めする赤ヘルに死角はないのか。OBで本紙専属評論家の大下剛史氏がジャッジした。

 

【大下剛史 熱血球論】セ・リーグ首位の広島が6連勝で交流戦を締めた。多少力の落ちる西武とオリックスが相手だったとはいえ、偶然の勝ち方ではない。鈴木の2試合連続サヨナラを含む3戦連続V弾をはじめ、力でねじ伏せた印象だ。

 

 それにしても、すごい選手が出てきたものだ。同じ右打ちの外野手ということでOBの山本浩二氏と比較する声もあるようだが、足も肩も良くてタイプが違う。これだけ3拍子揃った右の長距離打者を広島では見たことがない。

 

 飛ばすといっても、上体の力だけで強振するわけではない。それでもいい角度で打球が飛んでいくのは下半身も含めた体全体のバランスの良さ、身体能力の高さがあるからこそ。イチローと同じ背番号51を背負っていることにも、入団時からの期待の高さがうかがえる。

 

 緒方監督は就任1年目から鈴木をレギュラーにしようという方針を打ち出していた。昨年から出始め、今春のキャンプでも成長を感じさせていたが、今も日に日に伸びている。チャラチャラしたところがなくて、謙虚さがあるのもいい。

 

 それにしても広島は強くなった。2点差の6回に代打で同点2ランを放った鈴木と同期入団の下水流も成長著しい。この日は序盤から4点を負う苦しい展開だったが、5回に審判のジャッジに助けられて1点を返しただけで、何とかなりそうな雰囲気になった。右手のケガで出遅れていた一岡が、2点差に迫った直後の6回をピシャリと打者3人に抑えたのも大きい。

 

 今の広島で弱点を挙げるとすれば…と考えてみたが、思い当たる要素がない。いずれは鈴木が4番に座るのだろうが、実現したら1番の田中から菊池、丸、鈴木と4人が打って走れるすごい打線になる。25年ぶりのリーグ制覇に向けて、楽しみな要素がたくさん出てきた。(本紙専属評論家)