“誤審連発”に中日怒る「審判で負けた試合」

2016年06月20日 16時30分

 中日が、2―3で敗れた19日の日本ハム戦における審判の判定を不服とし、NPBに意見書を提出することになった。

 

 問題視したのは3回、日本ハム・中島の三遊間へのゴロを三塁手・エルナンデスが処理して一塁へ送球し、タイミングはアウトに見えたが、中村一塁塁審にセーフと判定されたこと。4回、ナニータが初球のボール球にバットを止めたのに、山路球審にファウルと判定されたこと。2点を追う8回に先頭の亀沢が二ゴロを放ち、一塁へヘッドスライディングし、セーフのタイミングが中村塁審にアウトと判定されたこと。いずれの場面でも谷繁監督は血相を変えてベンチを飛び出して抗議していた。

 

 試合後の指揮官は「そこに関しては僕が言うといろいろあるんで」と口を閉ざしたが、チーム関係者は「審判で負けた試合。あんなことをやられたらたまらないよ!」と吐き捨てた。西山球団代表は「すべてをビデオで確認した。中島選手の足は明らかに(送球より先に一塁に)ついていない。ナニータは明らかに(バットが)ボールに触れていない。亀沢は明らかに先にベースに手がついている。こういう1、2点を争う場面で正確な判定をしてもらわないと大きく響くことがある」と語気を強めた。

 

 さらに別の関係者はこう憤る。「そもそも2回表の先頭打者だった(日本ハム)中田が(ノーボール、2ストライクからの)3球目をスイングしたように見えたのに、(中村)一塁塁審が振っていないと判定したことから始まった。首脳陣も選手もみんな“三振だったのにひどいな”と言っていたら(誤審が)続いたからね」。中村塁審は「その場でのジャッジですから覆りません」と話したが、中日内の審判への不信感は高まるばかりだ。