ロッテ・伊東監督 清原被告に「人の役に立つことでニュースになれ」

2016年05月31日 18時14分

 ロッテ・伊東勤監督(53)が31日、覚醒剤取締法違反の罪に問われ、懲役2年6月、執行猶予4年の判決が下った清原和博被告(48)に対して、西武時代の“先輩”としてコメントをした。

 

 伊東監督は「いずれ野球界に戻ってこられるよう道が開けたらいい。二度と薬物に手を出してほしくない。野球界にも世間にも影響力があった。人の役に立つことでニュースになってほしい」と厳しい口調で話した。