阪神・能見 またも“横浜の悪夢”内野陣のミスで3勝目逃す

2016年05月15日 21時45分

力投する能見

 阪神・能見が再び“横浜の悪夢”に泣かされた。

 15日のDeNA戦(横浜)に先発した左腕は7回まで無失点と完璧な投球を見せていたが、8回に適時二塁打を浴びて1点を失い、なおも二死二、三塁としたところでリリーフを仰いだ。ところが、マウンドを託された高橋が完全に打ち取った打球を内野陣がまさかのお見合い(記録は2点適時内野安打)。さらに9回に登場した守護神・マテオが2点リードを守り切れず3勝目を目前で逃してしまった。

 金本監督は「あのフライがすべて。やっていい失敗とダメな失敗がある」と守備の乱れにおかんむり。

 4月1日の横浜スタジアムでも完封目前の9回に逆転され、負け投手になった能見は「(野手陣のミスは)仕方ないこと。次また切り替えて頑張ります」と前を向いていた。