ダルビッシュ3A登板1失点 最速158キロ

2016年05月07日 10時53分

【テキサス州ラウンドロック発】右ヒジ手術からの復帰を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手(28)は6日(日本時間7日)、傘下のマイナー3Aラウンドロックのニューオーリンズ戦で2度目のリハビリ登板した。

 

 3回を2安打1失点3三振。50球を投げ最速は158キロだった。

 

 背番号75のユニホームでマウンドに上がると初回は先頭から2者連続で空振り三振。3番目の打者は二ゴロで三者凡退。2回も左飛、遊ゴロで簡単に二死を取ったものの、3番目の打者に左前打され、続く打者に右翼二塁打され1点を失った。3回は三者凡退。

 

 1日(同2日)にマイナー2Aの試合で、昨年3月の右ヒジ手術後初となる実戦に登板。

 

32球を投げ、2回を無安打無失点だった。2試合連続無失点とはいかなかったが、今月下旬と見られるメジャー復帰にまた一歩近づいた。