阪神・陽川がプロ1号 逆転弾で連敗ストップ

2016年04月29日 22時29分

5回に逆転2ランを放った阪神・陽川

 阪神3年目の陽川尚将内野手(25)が29日、DeNA戦(甲子園)で今季3度目のスタメン出場を果たし、逆転弾となるプロ1号2ランでチームの連敗をストップさせた。

 陽川は「正直、鳥肌が立ちました。金本監督から『センター返しを心がけていこう』と助言をもらい、それがいい結果に出た」と興奮気味に語った。

 指揮官から「地味キャラ」とイジられているが「イジられるうちがチャンス。ものにしたい。他の若い選手にも負けたくない」と意気込んだ。