鯉のぼり2匹が“失踪”マリンスタジアムで最大風速13メートル

2016年04月29日 16時01分

2匹の鯉のぼりが“失踪”して一匹だけになってしまった子鯉

 ロッテ―日本ハム戦の行われた29日、QVCマリンスタジアムから2匹の鯉のぼりが“失踪”した。

 

 ゴールデンウイーク初日となったこの日、バックスクリーン上のパ・リーグ旗の下には5月5日の端午の節句を祝う3匹の鯉のぼりが元気に泳いでいた。ところが、この日のマリンスタジアムは右翼から左翼方向に最大風速13メートルの強風が吹き荒れるあいにくの天候だった。

 

 まず、3回の時点で一番上を泳いでいた真鯉が吹き飛ばされていなくなると、5回終了時に今度は緋鯉が“失踪”。3匹いた“家族”のうち、子鯉だけがなんとかポールにしがみつき、試合を見守った。