“佑ちゃん先発”は危険な時限爆弾

2012年10月31日 16時00分

 日本ハムが30日、札幌ドームで行われた日本シリーズ第3戦に7-3で勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。

 反撃ムードの日本ハムで注目されるのは、シリーズのバックアップメンバーとしてチームに帯同している斎藤佑だ。第5戦先発の可能性が浮上しているからだが、ことによっては、その起用が火種になるかもしれない。レギュラーシーズンで結果を出せなかった斎藤の強行先発についてはリーグ優勝決定後の5日、本拠地最終戦(対楽天)で栗山監督がすでにゴリ押しして不発に終わっているからだ。

 2日に3年ぶりのリーグ優勝が決まり、5日の楽天戦に斎藤が先発したが、実は、その意思決定過程で栗山監督、福良ヘッドコーチ、吉井、芝草両投手コーチとの4者会談が行われ、斎藤先発案は1対3で、いったん却下されていた。だが“賛成”の1票を投じたのが栗山監督だったことで、福良ヘッドが「監督の1票というのは重い」と助け舟を出し、決定が覆ったという。

 ところが、その試合で斎藤は5回もたず6失点KOと撃沈。さすがに指揮官もCSファイナルステージでの斎藤のメンバー漏れを決断せざるを得なかった。そんな中、大一番で佑ちゃん先発となれば、どうなるか…。それでなくても吉井コーチは「シーズンで頑張った投手を優先させたい」と話しているだけに、一つ間違えれば指揮官の信頼が揺らぎかねない危険な時限爆弾にもなるというわけだ。

 斎藤は「投げられる時があれば全力でやるだけ」と準備しているが、果たして…。周囲のムードは“先発はあってはならない”という感じだが…。