関係者が驚いた中日・大島の“名解説”

2012年10月31日 16時00分

 中日で、今季のセ・リーグ盗塁王の大島洋平外野手(26)に対して「来季はチームの盛り上げ役もやってほしい」との声が高まっている。28日、大島は日本シリーズ第2戦のテレビ中継(日本テレビ系)に副音声のゲストとして出演。KAT―TUN・亀梨和也、くりぃむしちゅー・上田晋也の百戦錬磨の芸能人から突っ込まれながらも堂々たる“解説者”ぶりを見せたからだ。

「普段の大島はおとなしい性格なのに結構、しゃべりも機転が利いててびっくりした。来季は、これまでの英智のような役目もできるはずだ」(チーム関係者)。今季限りで引退し、コーチへ転身する英智は、これまで同級生の小田と“コンビ”を組み、そのかけ合いの軽妙さでチーム内に爆笑をもたらしてきた。その英智の“後継者”を大島にお願いしたい、というのだ。

「英智は中日に残ると言ってもコーチ。これまでのように小田と一緒になって選手ロッカーでワイワイ騒いだりするようなことはやりにくい。高木監督が『大島の顔は吉本の漫才コンビのサバンナの八木に似ているな』と言っていたことがあったけど、大島は顔だけでなくてサバンナの八木みたいにしゃべりでも素質があると分かったんだから小田と新コンビを組んでほしいね」(別の関係者)。今季は32盗塁でタイトルを獲得し、いずれもリーグ3位の172安打、打率3割1分と大ブレークした大島。来季はグラウンド外でも大活躍となるかもしれない。

ドラ2浜田に“中日歴史教育”を

<中日ドラ2>浜田は山崎の“現役続行”を熱望

急転!中村二軍捕手コーチも退団