中日・谷繁監督がゲキ「元気で活気のあるドラゴンズをつくろう!」

2016年01月31日 19時54分

谷繁監督(左)と森ヘッドコーチ

 中日は31日、沖縄・恩納村の一軍宿舎で恒例の全体ミーティングを開いた。

 谷繁元信監督(45)は、選手やスタッフら約130人を前に「どうやったら強くなるのか、うまくなるのかを考えないといけない。元気で活気のあるドラゴンズをつくろう!」とゲキを飛ばした。

 昨季限りで現役を退き、指揮官3年目にして専任監督となった。自身以外でも山本昌広氏、和田一浩氏らが引退するなど、ベテランがごっそりと抜けた変革の年でもある。「緊張感はあるが、去年までは自分の体の不安とかを考えないといけなかったけど、それがない。1、2年見てきた選手がどれだけ成長してるのか楽しみですね」と翌日のキャンプ初日が待ちきれない様子だった。