阪神・鳥谷“新型ボディー”で勝負

2016年01月26日 16時00分

鳥谷はチームをけん引していく気構えだ

 阪神の鳥谷敬内野手(34)が25日、甲子園での自主トレを公開。プロ13年目の“新型ボディー”を披露した。「体の状態はここ数年で一番いい。すべての数字で自分が出してきた数字を超えられたらと思っている。(金本監督からは)『行動でも言動でも成績でも引っ張っていけ』と言われている。できるなら全部変えれたらなと思う」

 

 昨年の盗塁数はたったの9。指揮官からは、その増加も要求されており「スピードをもう一回上げていきたい。監督に言われているような数字(20盗塁以上)に近づけるようにしたい」と明言。ハワイでの自主トレでは短距離系の練習を増やし“脚力”を磨いてきたという。さらに食事制限をしながら、パワー強化のための体重増にも成功した。

 

「(金本監督は)自分が目標にしていた先輩でもあるので胴上げしたい」と鳥谷。今季こそV奪回のキーマンとしてチームをけん引していく気だ。