巨人・菅野が初ブルペン 捕手・小林は“進化”を絶賛

2016年01月25日 11時00分

 巨人のエース・菅野智之投手(26)が24日、ジャイアンツ球場で今年初めてブルペン入りした。捕手・小林を相手に立ち投げで20球。今年初ブルペン入りした右腕の相手を務めた小林は、1球受けるごとに笑みをこぼしながら「いいね!」を連発。菅野の“進化”を絶賛した。「計画的に投げているところが、さすが智之ですね。去年の課題を踏まえた上で、今年は何をすべきか、いかに考えて練習に取り組んできたのかが、球から伝わってきた」。昨季は直球でも抜けたり、指に引っかかりすぎる球が見られたが「今日は横にまったくブレずに、全球が縦の軸にピタッと収まる、きれいな回転だった」という。同い年エースの成長を実感し「僕も、もっと頑張らないといけませんね」と刺激を受けた様子だった。