“熱男”松田もお墨付き!阪神「虎男」グッズ発売検討へ

2016年01月22日 16時00分

「虎男!」のパフォーマンスのカギを握る今成

 阪神が“虎男(トラオ)”グッズ大売り出しを検討している。

 

 発端はソフトバンク・松田宣浩内野手(32)がグアムで合同自主トレを行った阪神・今成亮太内野手(28)に「お立ち台で“虎男!”をやれ!」と指令したことだ。昨季の鷹のスローガン「熱男(アツオ)」を松田が本塁打を放った際に叫び、チームを鼓舞したように、というわけで、今成も「チャンスがあればやりたい」と大乗り気。これに球団営業部が「実際に『虎男!』と叫んで球場が盛り上がったときにグッズが何もないというのではお寒い。こちらとしてもいろいろ考えていきたい」と言いだした。

 

 もちろん、今成の活躍でチームに浸透することが大前提。球団営業部は近日中に今後の展開について今成と話し合うという。阪神だから「虎男」とは安易な気もするが、そこは日本一球団の選手会長直々の命名。「熱男」に負けじと「虎男」パフォーマンスが盛り上がりを見せれば、Tシャツやタオルなど様々なグッズがバカ売れするはず、とにらんでいるのだ。

 

 阪神では2013年シーズンに、得点時にナインがベンチ前で3本指をスタンドに突き上げ、ファンに感謝を示す「グラティ」なるパフォーマンスが大流行。Tシャツなど“グラティグッズ”も好評だったが、当時評論家だった掛布二軍監督が「相手に対する挑発行為」と待ったをかけるなど物議をかもし、パフォーマンスもグッズ展開も中止となった。その点、今回の虎男パフォーマンスは「相手チームを侮辱していると誤解されるような要素はない。今度は長く続いてくれれば…」と球団関係者。もしも「虎男」で大儲けとなれば松田に感謝状を贈る必要があるかも!?