「まだ15%」阿部の超スロー調整は吉?

2016年01月21日 16時00分

自主トレのため宮崎へ出発した阿部

 巨人・阿部慎之助内野手(36)が20日、2次自主トレ先となる宮崎へ出発した。約2週間のグアム自主トレから18日に帰国したばかり。羽田空港では日焼けした肌をのぞかせながら、約6キロの減量に成功したことを告白しつつも「ボディーは全然仕上がってない(笑い)。50%? 15ぐらいじゃないかな」と笑った。

 

 ただ、これは過去の反省を踏まえてのもの。例年はキャンプイン初日にピークを合わせてきた結果、ケガにも悩まされた。そんなこともあり「(キャンプ初日は)50でいい。自分が焦るぐらいでやってみたい。キャンプですごく良くても全く評価されない。この年で」と超マイペースに調整することを明かした。

 

 その環境も用意されている。高橋由伸監督(40)は阿部、相川、鈴木の3人で“ベテラン枠”を結成。いずれも一軍ながら別メニューでの調整を認めるつもりで、阿部は自分の思い通りにコンディションを整えることができる。

 

 一見、由伸監督の配慮にも見えるが…。実はこれ、阿部の直訴によるものだったという。

 

「若い選手たちにとってのキャンプは開幕一軍を争う場所かもしれないけど、阿部自身はシーズンに向けて調整していく場所という考え。本音では年齢や体力的なこともある。他の選手たちと一緒に練習を時間で区切られて、自分でやりたい練習をなかなか思うようにできなかった。その状況を首脳陣に打ち明けたようだ」(チーム関係者)

 

 由伸監督も巨人復活のキーマンのひとりとして、何度も阿部の名前を口にしてゲキを飛ばしている。果たして超スロー調整は「吉」と出るのか。