【野球殿堂入り】巨人・斎藤雅樹二軍監督「すべての人に感謝」

2016年01月19日 16時00分

殿堂入りした工藤監督(左)と斎藤二軍監督

 今年の野球殿堂入りが18日、東京都内の野球殿堂博物館で発表され、プレーヤー表彰ではソフトバンク・工藤公康監督(52)、巨人・斎藤雅樹二軍監督(50)が選ばれた。また、エキスパート表彰で榎本喜八氏(故人)、特別表彰にはアマ野球の発展に貢献した松本滝蔵氏(故人、元衆院議員)、山中正竹氏(68=元法大監督)が選ばれた。

 斎藤二軍監督は有効投票337票のうち、84・6%にあたる285票を獲得しての殿堂入り。「素晴らしい先輩方に続くことができて、大変驚き、また光栄に思っております。野球で関わったすべての人、野球を始めるきっかけをくれた母に感謝したい」と語った。小学5年生の時、母・ユキ子さん(78)が川口市リトルリーグの募集を見て勝手に応募。当時は嫌々ながらも、野球を始めるきっかけとなった。

 1982年に巨人に入団、故藤田監督からオーバースローからサイドスローへの転向を勧められ、才能が開花。89年には11試合連続完投勝利のプロ野球記録を樹立し、2年連続20勝、最多勝5回、沢村賞3回など輝かしい成績を残し「平成の大エース」と呼ばれた。

「(完投勝利が)10までいって鈴木啓示さんと並んだ時は、あと1個勝ちたいなと思った。11完投はもういないですね。やれる選手がいても、首脳陣にそういう気持ちがないんでしょう。もし僕がコーチやってたら? 新記録はさせませんよ、ハハハ」

 今後に向けては「ジャイアンツ一筋32年。二軍監督として、若い選手に歴史を伝えていけたら」と語った。