西武キャンプメンバー振り分け 田辺監督「サプライズはないよ」

2016年01月18日 19時24分

会議を終え会見に臨んだ田辺監督

 西武は18日、都内でキャンプに向けた全体会議を開き、A班(宮崎・南郷)、B班(高知・春野)のメンバーの振り分けなどを話し合った。

 2年目を迎える田辺徳雄監督(49)が「サプライズはないよ」と言うように、近く発表されるメンバー振り分けで新人10選手は昨年と同様、全員B班スタートが内定。一方でルーキーながら昨年5勝を挙げた高橋光成投手(18)、イースタンリーグで12勝を挙げ最多勝に輝いた誠投手(相内誠=21)の初のA班スタートが内定した。

 田辺監督は「人数的に多めに連れていくので、その中で競争してさらなるレベルアップを図ってほしい。(A、B班の)入れ替えも頻繁にする」と話した。

 鈴木球団本部長は「優勝はもちろん、いいチームを作りましょうという話はした。首位に20・5ゲーム離されてソフトバンク、日本ハムに借金9ずつだから、そこをどうやっていくか」と、2年連続Bクラスからの脱出を厳命した。