イチローが古巣の福良監督に今季中の3000安打を約束

2016年01月14日 16時00分

 オリックスのルーキー11選手が13日、神戸で自主トレを続けるマーリンズのイチロー外野手(42)の練習を見学した。

 

 いつものように10人ほどのスタッフとグラウンドに現れたイチローは、アメフットのボールでのキャッチボールやダッシュを繰り返し、その様子をルーキーらはベンチの隅から緊張の面持ちで見守った。練習前には触れ合いもあり、イチローは直立不動のルーキーらに「どこの出身?」「デカいね」「ケガを早く治してね」などと声をかけたという。

 

 ルーキーらは夕方から予定が入っていたことで打撃練習までは見学できなかったが、駆けつけた福良監督は「新人にとってはよかったね」と目を細め、アテンド役を務めた田口二軍監督も「何か感じてくれるでしょう。こういう機会があるのはいいこと。僕も楽しかった」と笑顔を見せた。

 

 終始リラックスムードのイチローは、福良監督には残り65本に迫ったメジャー通算3000安打の達成を宣言。「普通に出れば達成できると思う。そこは本人も“絶対に”と言っていた。“必ず今年中に”とね」(福良監督)。古巣で調整を続け、42歳の現役レジェンドが“有言実行”を目指す。