楽天ドラ3・茂木が目指す「昭和のスター選手」

2016年01月14日 16時00分

派手なオコエ(左)とは対照的な茂木

  楽天の新人合同自主トレ2日目(13日)、20メートルのシャトルランで、ドラフト3位の茂木栄五郎内野手(21=早大)が、同1位のオコエ瑠偉外野手(18=関東第一)の100本をはるかにしのぐ、球団新人歴代5人目の130本超えを達成した。

 

 やや余裕を残して終わったかにも見えたオコエが「目標が100本だったので。(シャトルランは)中学のころにやって以来初めてだったので、どんなものか分からなかった。トレーニングの一環なんで、自分の目標が大事」と語ったのに対し、132本を走り抜いた茂木は「もともとスタミナには自信がない。今日の結果には自分が驚いています」と、はにかんだ。

 

 前日12日のNPB新人選手研修会では、元ニッポン放送アナウンサーの深沢弘氏が「長嶋(茂雄)さんは現役のとき、試合後15分でスイングしていた。『俺ほどバットを振った人間はいない』と。王(貞治)さん、落合(博満)、張本(勲)さんも口を揃えて同じように言う」と逸話を披露。オコエは「正直、時代が違うなと感じた。今は、試合後15分間はケアやクールダウンに充てる時間。それが最先端というか、野球も進化してるので」と感想を口にした。

 

 茂木の受け止め方はオコエとは真逆で「自分は感銘を受けました。いい打者になるため、納得するまでスイングしたい。そういうところで差をつけていかないといけないので」。さらに「同期がそれを見て刺激を受けてくれればいい。いい仲間、いいライバルから、いいチームになれたらいいので」と先を見据える。

 

 何かと派手なオコエとは対照的に、古きよき昭和のスターの香りを漂わせる茂木。タイプの異なる2人のルーキーが、どう切磋琢磨するのかも興味が尽きない。

関連タグ: