由伸監督 ゴジラコーチの招へい成功

2016年01月14日 16時00分

パーティーで華麗なスイングを披露する由伸監督

 巨人・高橋由伸監督(40)が13日、OBの松井秀喜氏(41)から、3年連続となる宮崎キャンプ訪問の内諾を得たことを明かした。

 

 この日は東京・有明で、チームがパートナーシップ契約を結ぶドーム社が主催した「ドームキックオフパーティー2015」に出席。ゲスト出演したトークショーでは、司会者からの「夜の営みは?」などの“ゲスい”質問をサラリと笑顔でかわす一幕があった。

 

 イベント終了後には取材に対応。宮崎キャンプ訪問を熱望していた松井氏には先日直接会って要請し、同氏も快諾したという。調整中だった沖縄キャンプ初訪問は見送られたが、2年ぶりに臨時コーチで熱血指導する姿が見られることになった。

 

 ただ、2年前の宮崎キャンプを沸かせた松井氏のフリー打撃実演は「さすがに、もう打たなくていいだろう」と本人が話したそうで、残念ながらNG。その代わり、今回は“全権コーチ”としてチーム全体を見てもらう考えだ。「選手も、みんな松井秀喜が見たいでしょう?『こんなにデカいんだ』ってこととかね」と一、二、三軍分け隔てない指導を望んだ。

 

 キャンプ期間中には、2年前もナインに好評だったゴジラ先生による“特別授業”を計画している。黄金コンビ復活で、再び宮崎はフィーバーになりそうだ。