プロ野球OBクラブが乗っ取られる?

2012年03月22日 10時00分

【デスクと記者のナイショ話】

遊軍記者:プロ野球OBクラブがもめているみたいです。

デスク:前に大沢親分が理事長やってたとこか。去年は黒江(透修)さんが理事長解任されて、今は訴訟合戦やってるんだったな。

遊軍記者:ええ。12日は都内で総会があったんですが、会員のOBからは「このままじゃOBクラブが乗っ取られる」なんて物騒な声が出てましたよ。

デスク:去年巨人で騒いでたクーデターみたいなもんか。

遊軍記者:巨人の清武さんのクーデターはあっさり失敗しましたが、こっちはそうでもないみたいで。OBクラブには理事が20人いるんですが、OBの理事がどんどん減らされて、今はプロ野球OBでない外部理事が13人にまで増えているとか。OBの意見が通らない状況だそうです。

デスク:外部の人間が〝OB排除〟へ用意周到に進めてるってわけか。まあ、OBたちの不満がたまるのも分かるけど、外部理事の運営でOBクラブが潤えばOBたちも納得するんじゃねーの。

遊軍記者:それが野球教室の開催回数が減ったり、今年からコミッショナーの補助金がなくなったり、スポンサーが降りたりとかで大変らしいです。公益法人での存続を目指しているそうですが、訴訟合戦によるイメージ悪化もあって「文科省から目をつけられ認可が下りないのでは」なんて声も…。

デスク:クーデターに成功してもゴタゴタ続きじゃ結局、儲かるものも儲からないってか。

ピックアップ