Gドラ1右腕・桜井が持っていた“スーパースターの背中”

2016年01月09日 16時00分

桜井(手前)を見つめる由伸監督

 巨人のドラフト1位・桜井俊貴投手(22=立命大)が8日、ジャイアンツ球場で新人合同自主トレをスタートした。高橋由伸監督(40)ら首脳陣が視察に訪れたなか、14人の同期ルーキーとともにプロ野球選手としての第一歩を踏み出した即戦力右腕。知名度はまだまだ低いが、スカウト陣によれば“スーパースターの条件”を生まれ持って備えているのだという――。

 

 新戦力の動きをひと目見ようと、この日は早朝から由伸監督を筆頭にコーチ陣、スカウトらがグラウンドに大集結した。大勢の視線を集めながら汗を流した桜井は「(前日と比べ)見に来てくれる人も増えて、気合が入りました」と笑顔。「あまり意識せず、練習に集中しましたが(由伸監督は)どこにいても分かるオーラがありました」と指揮官の存在感には圧倒された様子だった。

 

 一方、真剣なまなざしでルーキーの動きを見つめた由伸監督は「若々しさというか、元気いっぱいに動けている。ひと安心ですね」と語ると「張り切っていると思うが、まずはケガをしないようにしてもらいたい」と要望した。新人のキャンプでの一、二軍振り分けに関しては「なんとなく考えはありますが、初日見ただけなので、もう少し期間をみてから考えたい」と明言はせず。当面の育成方針についても「(コーチ陣には)『彼らがやってきたことをそのままやらせてみましょう』と話はしています。あれやこれやと言うんじゃなくてね」と“放任主義”を打ち出し、ドラ1の桜井へ向けても「(ペースを)上げる必要はない。まずは体をつくってから」とマイペース調整を命じた。

 

 それでも大卒の桜井には、即戦力として1年目からの活躍が期待される。スカウト陣は「2桁は十分狙える」と頼もしいが、大学4年次に急成長したという逸材だけに、話題性や知名度はいまいちだ。いったいどんな投手なのか、まだよく知らないファンも多いだろう。

 

 この日グラウンドに姿を見せた吉武スカウトは、桜井のセールスポイントについて「見てほしいのは彼の背中。分厚いでしょう?」とゼッケン21の後ろ姿を指さした。

 

「あの広背筋は鍛えて得られるわけではなく、天性のもの。背筋は力強い球を投げる、球を遠くへ飛ばすといった基本的な能力に大きく関わります。打者なら中田(日本ハム)や柳田(ソフトバンク)がそうですが、投手なら壊れにくいということにもつながります」

 

 確かに身長は特筆するほど高くはないが、遠目にもガッチリした上半身が印象的だ。吉武スカウトは「桜井は器用な菅野とは違う、無骨な本格派タイプ。楽天の則本のような、直球で勝負できる投手に成長してくれれば」と期待を寄せる。

 

 現時点の話題性ではオコエ(楽天)ら他球団のルーキーに後れを取っている感は否めないが、勝負はまだこれから。自慢の大きな背中を武器に、巨人の新人右腕は旋風を巻き起こせるか。

関連タグ: