山崎武司〝鬼門〟はマイホーム?

2012年03月25日 11時00分

 中日・山崎武司内野手(43)が思わぬ〝難敵〟に苦しめられている。それは愛知県内の一戸建ての自宅。「変な感じ。居場所がないわ」と、リラックスするはずのマイホームで逆に疲れがたまっているという。


 いったい、どういうことなのか。山崎が愛知県東海市のマンションを引き払って一戸建ての新居を構えたのは10年前だが、当時は完成を待たずしてオリックスへのトレードが決まった。その後、オリックスを解雇されると今度は楽天に移籍とチームを転々。家族を残しての単身赴任生活が続いたため、ほとんど今の家で暮らしたことがない。


 自宅には最新のセキュリティーシステムを備えているが、山崎はこれさえもよくわからないとか。「この間なんか夜にドアを開けたらサイレンが鳴ってびっくり。『そんなもんセキュリティーがかかっているんだから当たり前でしょ』って嫁に怒られたわ」とストレスはたまる一方。


 ブランコとの一塁ポジション争いに勝利してリーグ最年長の43歳4か月での開幕4番が濃厚と本業の野球は絶好調の山崎。あとは一日でも早く自宅生活に慣れるだけ!?

ピックアップ